YouTube関連動画に入る方法

YouTubeで再生数を稼ぐ為には

関連動画に入ることが重要ですが、最初のうちはほぼ入る事ができない

再生数の多い動画の関連に入る事ができれば、自分の動画もアクセスされるようになります。

その為には、関連している事をYouTubeアルゴリズム(AI)に対として最適化しておく必要があります。

ではどうするか、それは3つポイントがあります。

タイトルを工夫してYouTube関連動画にアピールする

タイトルは100文字まで入力可能ですが30文字前後がベストです。

検索されたい言葉や関連する言葉を入れてユーザーとYouTubeアルゴリズムにアピールしましょう。

単語をスペースで区切るのもありだと思います。

(こちらの記事を参考ください)

概要欄を工夫してYouTube関連動画に取り上げてもらおう

概要欄は5000文字まで投稿可能です。

概要欄の上部はgoogleで検索したときに検索結果として引用されるので、

上3行ぐらいは動画を見たくなる様な文章にすると良いでしょう。

実際動画を見る際にはコメントも読んでいます。

前後関係がある動画の場合はリンク(URL)入れておくのもありだと思います。

 

タグをしっかり入れてYouTube関連動画と検索に備えよう

・タイトル
・概要欄
・タグ
動画の内容が一致している事が最初のステップです。

人は気に入ったものがあると 同じようなものを好んで選ぶように

YouTubeのアルゴリズムもそのようにできているらしい。。(ブラックボックス)

どんなタグをいれたらいいか?

タイトルで使ったキーワードを適切に入れましょう。

概要ランで入れたキーワードも入れていきましよう。

 

視聴者維持率が一番大事

視聴者が動画を開き、どのくらいの時間見てくれたのか?

これが最も重要な要素です。

5分の動画をどのくらいの時間見てもらえたのか。

これが、視聴者維持率です。

この動画が視聴者にとって有益なら視聴時間が長くなるのは当然ですよね

途中で離脱してしまうと、この動画は途中で見る人が減っていく

とYouTube側のデータとして残っていきます。

動画を飽きさせず最後まで視聴してもらえる工夫をを考えないといけません。

(この作業一番大事で一番難しいですよね。)

視聴平均時間は55%以上を保つと良さそうです。

なかなか難しいかもしれませんが、

ブレイクを入れたり、前半で動画の内容や「最後に〇〇あります」などを

予め伝えたりするのも良いと思います。

跳ねている動画をよく見て勉強しトライアンドエラーで良い動画を作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です