沖縄 アテモヤ 価格や時期 食べ方 直売 道の駅などご紹介

沖縄食材
アテモヤとは南国沖縄で栽培されているフルーツです。
主に恩納村を中心に栽培されております。
季節は冬の12月から3月頃に市場に出回ります。

アテモヤ とは

アテモヤは沖縄でも最近メジャーになってきたフルーツです。

(地元の方でも結構知らない人がいます)

世界三大美果のひとつであるチェリモヤ(南米方面)バンレイシ/釈迦頭 シャカトウ (アジア方面)を掛け合わせて できた亜熱帯果樹だそうです
名前は、バンレイシのブラジル名でるアテスの「アテ」とチェリモヤの「モヤ」の合成語です。

甘味が強く低カロリー、各種ミネラルやビタミン類がバランスよく含まれており、
森のアイスクリームとも呼ばれる希少品種
沖縄でも収穫量は少なく高値で取引される高級フルーツです。

 

沖縄 アテモヤ どんな味?

食べたらびっくりするほど、甘い味がします。

糖度も相当高く20度〜25度です。

マンゴーが甘くても15度前後ですので、本当に甘い果物です

熟し具合にもよりますが、少しザラザラした食感があったり

アクが結構強く、ピリピリすることもあるかもしれません。

 

沖縄 アテモヤ 食べ方

アテモヤの食べ方は至ってシンプルです。

熟したアテモヤを輪切りにし、スプーンなどですくって食べます

ヨーグルトやアイスの中に入れて食べたりもします。

基本的には、切ってスプーンがベターです。

 

沖縄 アテモヤ 食べ頃

アテモヤは収穫直後はまだ硬くて食べれませんが、

暖かい部屋(室温20-25度程度)で熟すのを待ちます

皮がずるっと向けたり、表面も柔らかくなったり、

少し皮が黒ずんでくる位が食べ頃になります。

沖縄 アテモヤ 時期

アテモヤが販売される主な時期は冬となります。

12月頃から3月頃に市場に出回りますので、その時期にお買い求めください。

缶詰などはみた事がないので旬の時期を逃さないようにしてくださいね

 

沖縄 アテモヤ 道の駅 産直市場などで販売しています

沖縄でアテモヤを食べたい場合は、道の駅や産直市場がおすすめです。

12月から3月の間で農産物を販売しているお店には多分あると思います!
(電話で確認しても良いかもです)

恩納村の直売所 おんなの駅なかゆくい市場や

道の駅 許田にはあると思います!

沖縄のスーパーではみた事がありません、、、

直売所一覧はこちらから

 

アテモヤの価格(値段)は

気になる価格ですが、結構いい感じの値段で販売されています。

まだまだ、マイナーな果物(知る人ぞ知る感 インフルエンサーしか食べない?)なので、生産者が少なく出回る数が少ないので、レアな果物、高級果物です。

1玉 500-800円位だと思います。

マンゴーと同じくらいの価格帯です。

それでも、食べる価値はあります!!

 

アテモヤの通販

アマゾンで調べてみても何個かありましたのでご紹介します。

沖縄県産フルーツ アテモヤ 約1kg
アテモヤ 約1kg袋 森のアイスクリーム
約2kg (4-12玉) あてもやは森のアイスクリーム

写真が似たり寄ったりなので、選ぶのが難しいとは思いますがご覧ください

 

アテモヤ 栽培 苗 について

沖縄のホームセンターのメイクマンなどで10月ごろに

アテモヤの苗が売っているのを見かけました。

マンゴーと同じで、普通の苗よりもかなりなお値段だったと思います。

もし、育ててみたいと考えている方は、メイクマンなどに電話しても良いかもしれませんよ

 

 

まとめ

沖縄に移住して、この果物を初めて食べた時、

本当に衝撃的でした「こんなに甘い果物があるのか!!」と

南国といえば、パイナップルしか僕の脳には無くて、、、(どんだけ知識ないんじゃい。。)

やっぱり、子どもたちが好きなんですよね〜。。

まだ、食べた事ないという方はぜひこの甘さを体験してみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました